新着情報

国連・自由権規約委員へのロビイングと成果

 7月15日&16日、自由権規約委員会の日本審査が行われることから、共同代表・谷口は、他のNGO関係者とともに会場のあるジュネーブに向かいました。谷口は、同性カップルが①公営住宅サービスと②DV法(「配偶者暴力防止法」)の対象外である問題について、委員にロビイングしました。

 結果、同委員会は日本政府に対し、同性カップルは公営住宅の入居許可が受けられること、また、DVにおいて、法律で保護すべき対象に含むこと、と、具体的な勧告を出しました。

<御参考>

① 自由権規約委員会の総括所見の論考

レイバーネット『●国連自由権規約委員会は日本政府に何を求めたか=死刑・代用監獄・慰安婦・秘密保護法・ヘイトスピーチ・技能実習生・福島原発事故=』(海渡 雄一、弁護士・日弁連自由権規約WG座長)より抜粋。※下線太字の強調はパートナー法ネットによるもの。

2 ジェンダーに基づく暴力及びドメスティック・バイオレンス

 委員会は、勧告10項において、規約3条、6条、7条、及び26条にもとづいて「前回の総括所見にも関わらず、締約国が、刑法での強姦の定義の範囲の拡大、性交同意年齢を13歳を超える年齢と設定すること、及び強姦罪や他の性犯罪を非親告罪とすることについて全く進展がないことについて遺憾に思う。また、委員会は、ドメスティック・バイオレンスが依然として蔓延しており、保護命令発令までの手続きに時間がかかりすぎ、及び、処罰された加害者の人数が非常に少ないという懸念を表明する。さらに、委員会は、同性カップル及び移住女性に不充分にしか保護が提供されていないという報告」に懸念を表明し、「前回の総括所見(CCPR/C/JPN/CO/5, paras 14 and 15)に従って,締約国は,第三次男女共同参画基本計画に記載されている通り,強姦やその他の性犯罪を告訴なしで起訴でき,遅滞なく性交同意年齢を引き上げ,性犯罪の構成要件を見直すための具体的な行動をとるべきである。締約国は、同性カップル間でのものも含めて、すべてのドメスティック・バイオレンスについての報告について、徹底的に捜査がなされ、加害者が訴追され、有罪になった場合には適正な制裁で処罰されることを確実にする努力を強化すべきである。また、締約国は、緊急保護命令を与えられることによって、及び、性暴力の被害者である移住女性が在留資格を喪失させないこと等によって、暴力の被害者がふさわしい保護を利用することができるよう、保障すべきである。」と勧告した。

3 性的マイノリティ

 委員会は、勧告11項において、規約2条・26条にもとづいて、「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルおよびトランスジェンダー(LGBT)の人々に対する社会的ハラスメントとスティグマの付与の報告について、また自治体が運営する住宅制度から同性カップルを実質的に排除している差別的規定について、懸念を表明し」、「すべての事由(性的指向およびジェンダーアイデンティティを含む)による差別を禁止する包括的な反差別法を採択するべきであり、また差別の被害者に対して効果的・適切な救済を提供するべきである。締約国は、LGBTの人々に対するステレオタイプや偏見と闘うための意識啓発活動を強化し、LGBTの人々に対するハラスメントの申立てを調査し、その防止のために適切な措置をとるべきである。また、自治体レベルで公的に運営されている住宅サービスとの関連で同性カップルに適用されている資格基準について、残されている制限も取り除くべきである。 と勧告した。

② 自由権規約委員会による日本政府への勧告原文

UN Human Rights Committee "Concluding observations on the sixth periodic report of Japan (Advanced Unedited Version)” 原文抜粋。※下線太字の強調はパートナー法ネットによるもの。

Gender-based and domestic violence

10.The Committee regrets that, despite its previous recommendation, the State party has not made any progress to broaden the scope of the definition of rape in the criminal code, to set the age of sexual consent above 13 years, and to prosecute rape and other sexual offences ex officio. It also notes with concern that domestic violence remains prevalent, that the process to issue protection orders is too lengthy and that the number of perpetrators that are punished for this offence is very low. The Committee is further concerned by reports of the insufficient protection provided to same-sex couples and immigrant women (arts. 3, 6, 7 and 26).

In line with the Committee’s previous recommendations (CCPR/C/JPN/CO/5, paras 14 and 15) the State party should take concrete action to prosecute rape and other crimes of sexual violence ex officio, raise without further delay the age of consent for sexual activities, and review the elements of the crime of rape, as established in the Third Basic Plan for Gender Equality. The State party should intensify its efforts to ensure that all reports of domestic violence, including of same-sex couples, are thoroughly investigated, that perpetrators are prosecuted, and if convicted, punished with appropriate sanctions; and that victims have access to adequate protection, including by granting emergency protective orders and preventing immigrant women that are victims of sexual violence from losing their visa status.

Discrimination based on sexual orientation and gender identity

11.The Committee is concerned about reports of social harassment and stigmatisation of lesbian, gay, bisexual and transgender (LGBT) persons and discriminatory provisions which practically exclude same-sex couples from the municipally-operated housing system (arts. 2 and 26).

The State party should adopt comprehensive anti-discrimination legislation which prohibits discrimination on all grounds, including on sexual orientation and gender identity, and provides victims of discrimination with effective and appropriate remedies. The State party should intensify its awareness raising activities to combat stereotypes and prejudice against LGBT persons, investigate allegations of harassment against LGBT persons and take appropriate measures to prevent them. It should also remove the remaining restrictions in terms of eligibility criteria applied toward same-sex couples with respect to publicly operated housing services at municipal level.

ご報告   2014/08/16   事務局