新着情報

LGBT法連合会の新体制発足:パートナー法ネットが第二期も代表団体

去る625日に発足したLGBT法連合会の新体制において、パートナー法ネット(特別配偶者法全国ネットワーク)は第一期の二年間に続き、第二期目も代表団体を務めさせていただく事になりました。ご推薦をいただいた、「にじいろ安場」と「レインボーフォスターケア」の皆様には、ここに改めて御礼を申し上げます。

第二期の代表団体を、共に務めさせていただけるのは、共生ネット、ダイバーシティラウンジ富山、LGBTQ医療看護連絡会、LOUDの皆さんです。よろしくお願いします。

この新体制発足は、たまたま通常国会の閉会直後にも重なりましたが、当国会で成立したいくつかの法律には性的指向・性自認(SOGI)の課題に触れるものがあり、また会期中にはオリンピック・パラリンピック組織委員会の調達コードにてSOGIについての方針の発表、経団連の「ダイバーシティ・インクルージョン社会の実現に向けて」と題するSOGI関連の企業施策提言があるなど、様々なSOGI関連の動きが出ました。

LGBT差別禁止法/差別解消法等へと直接つながるものではありませんが、パートナー法ネットがLGBT法連合会と共に続けてきた、地道な活動の成果が、ようやく各方面に現れだしたと認識しています。

新体制発足にあたって、これらの動きに対する考え方をまとめた声明を、連合会共同代表一同が発しました。

皆さんのお考え、活動計画などをリフレッシュする上でも、是非お役立て下さい。 

LGBT法連合会声明】昨今の政策的動向について
http://lgbtetc.jp/news/699/

 

LGBT法連合会声明】「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 持続可能性に配慮した調達コード」について
http://lgbtetc.jp/news/673/

 

経団連発表「ダイバーシティ・インクルージョン社会の実現に向けて」http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/039.html

告知   2017/07/07   事務局